田人の森に遊ぶ

まず足を運ぶ、虚心に見て対話する

 

 今年もまた、田人にART MEETING のあつい夏がやってきます。

 一昨日の開催後にビアンナーレ形式(2年に1回開かれる美術展覧会)に切り替わったので、二年ぶりということになります。毎回田人の多様で豊かな自然環境とアートとのセッションがとても新鮮で、参加する美術家たちだけでなく、住民にも鑑賞者たちにも大きな刺激であり楽しみになってきました。一年休んで開催される今回は、今まで以上に多くの美術家が参加し、より多くの場所に作品が設置されるということで、一層期待が膨らみます。

 何がそんなに楽しく面白いのかーーー百聞は一見にしかず。まず現地に足を運び、虚心になって創意あふれる作品群との出会いと対話を体験すれば、それぞれに、答えはおのずと導き出されるはずです。

              

いわき市立美術館長 佐々木吉晴

 


<メイン会場> 旧田人第二小学校 <展示会場> いわき市田人町内各所  

アート作品を各所に展示、パフォーマンス・ワークショップを開催します。

<観覧料> 1,000円(中学生以下無料)スタンプラリー付きパスポートと展示会場マップを配布します。このパスポートを提示いただくと、会期中何度でもご覧いただけます。

<観覧受付場所> 旧田人第二小学校、旧南大平分校、田人ふれあい館、ギャラリー昨秋

 

Facebook ART Meeting −田人の森に遊ぶー



主催  田人地域振興協議会

企画  アートミーティング実行委員会


助成  いわき市まち・未来創造支援事業、公益社団法人 朝日新聞文化財団、公益社団法人 野村財団

後援 NHK福島放送局、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、福島テレビ、FMいわき、ラジオ福島、ふくしまFM、朝日新聞福島総局、福島民報社、福島民友新聞社、いわき民報社、日々の新聞、いわき市教育委員会、いわき市市政施行50周年記念連携事業

協力  貝泊コイコイ倶楽部、田人おふくろの宿、民宿旅人、ギャラリー昨明、チャンド・メラ、タカノ写真館、アトリエぱお、斎藤 朋(マルメロ)、斑尾高原芸術祭実行委員会、Wendy、アートスタジオ、いわき市田人支所、田人公民館